止まっているように感じていても

当たり前のととですが、私たちが住んでいるこの地球は、自転と公転を繰り返しています。止まっているようであっても動いています。これは、私たちは大きな船の上にいるようなものであるともいえます。豪華客船の中では、シアターやジム、プールなどの施設があったりと、そとが1つの街のようにも思え、船の上にいることを忘れてしまいそうなぐらいのスケールです。

ここで考えてほしいのは、目の前のことだけにとらわれていると、市場の動きがわからなくなってしまうというととです。Web業界も数年前と比較すると、大きく変貌を遂げ、いまもなお、進化し続けています。つまり、常に動いているものに対して、その方向性に合わせながら、自らも動いていかなかければいけないのです。Webサイトを診断していると、未だレイアウトにtableタグを使用していたり、body内部で、style属性で装飾を施しているものを見かけることがあります。ちなみにこれらの手法について、Googleは「避けるよう」促しています。

このように、市場は常に進化という方向へ動いている中で、現状に満足してしまい、いまがベストという勘違いにより立ち止まってしまうととで、自社サイ卜の衰退に結びついてしまいます。