タグ

検索エンジンは、実は この「タグ」というアルファベッドや数字の羅列を追いかけて、ホームページの内容を判断している。別にホームページを一枚一枚丁寧に見ながら判断しているわけではない。 そんなことをやっていたら、何億、何百億と呼ばれるホームページを、即座に判断して、順序良く並べることはできないからである。 だから、検索エンジンは、手っ取り早く このホームページは、こういう ホームページなんだと判断するために、表側の画像やテキストではなく、タグという英数字で構成されている言語を読み込んで、ホームページのクオリティや重要性を判断しているのである。 名札の役割を果たすTITLE タグ 検索エンジンがタグを判断材料にして、ホームページのデータをかき集めているということは理解していただいたと思う。 マウスを当てて、右クリックを押して、メニュ ーが表示されて下のほうに 「ページのソースの表示」という項目が出てくるはすである。それをク リックすると、別のウインドウが立ち上がり、何かの暗号のような数字と記号と英文字の羅列が表示される。 これが、ホームページを構成するタグの集まりであり、上から順々にそのタグを追いかけていると、どこかに<TITLE >というタグを見つ けることが できるはすである。 その<TITLE >と</TITLE >の文字に挟まれているのが、いわゆるホーム ページの“名札”に当たる、重要なキーワー ドなのである。 <TITLE> タグに「売れる検索キーワード」を挿入する 検索エンジンは、この<TITLE>と</TITLE >の間に挟まれている言葉 を、一 番重要視して 、ホ ームページを順序良く並べてい る。つまり、 ここの中に書かれている検索キーワードを拾って、「ああ、このホー ムページは、こういう内容のホームページ」と検索エンジンは判断し て、検索結果にサイトを表示しているのである。