内部要素と外部要素

SEOは大きく分けて、内部要素と外部要素の2つの要素からできています。

内部要素はサイト運営者自身でコントロールできる部分で、外部要素は他者の協力(他のサイト)がなくてはならない部分になります。簡単にいうと、上位表示で きるかどうかは、この2つの合計ポイントが高いかどうかで決まります。
どちらかといえばヤフーは内部要素を重視し、グーグルは外部要素を重視するといわれています。ただヤフーとグーグルの手法に大きな違いはありません。 はっきりとした違いは1つだけで、ヤフーの方が内部要素に対するスパム判定が 厳しくなっているということです。
外部要素の対策はヤフ一、グーグルとも同様と考えていただいて結構です。 近年は内部要素をしっかり行っているサイトが増えてきているので、特に激戦のキーワードでは外部要素の比重が高まってきているといえます。

SEO の考え方として「どう裏技を使って楽に上位表示をするか」と考えている 人もいるようですが、そういう考え方では短期的にしか通用しないSEO になってしまいます。 本来のSEOの役割は、サイトに検索エンジンをスムーズに呼び込み、内容を正しく認識してもらうことによって、サイトの内容や良さに見合った上位表示を可能 にすることです。
あくまでこの基本を前提として行うべきであって、決して検索エンジンの盲点を突いたり、ごまかしを行って上位表示を狙うべきものではありません。
つまりサイトの内容こそが重要ということなのです。