ドアウェイページ

スパム行為と呼ばれる反則技には、様々な種類や手口のものがみられます。せっかくseo対策として施したものが、スパム行為としてみなされないためにも、どのようなものがスパム行為とされているか、見ていきましょう。
検索サイトからアクセスしてきたユーザーは、着地点となる最初の1ぺージ目の内容を見て、そのwebサイトを閲覧するかどうかを決めることはご存知でしょう。LPO(ランディングページ最適化)は、このユーザー行動に基づいて行われる正しい集客施策です。ところが、ドアウェイページと呼ばれるスパム行為は、こういったユーザー行動を逆手にとって、あたかも有益なサイトであるかのように検索サイトに上位表示させ、目的のWebサイトに誘引するという悪質な施策を作る方法です。ドアウェイページに求められるのは、検索結果で上位に掲載されることなので、1つのドメインページだけでなく、複数のドメインを使ってアクセスをかき集めることが多いようです
具体的な手法としては、表示されるページにはほとんど内容がないが(キーワードやリンクだけが載っていたり、他人のページからコピー しただけの内容といった場合もある) ソース上はがっちり検索サイト対策が行われているので、検索結果で上位に表示されるというもの。ユーザーがドアウェイページを見てしまうと、ドアウェイペーシを仕掛けた側はアクセス数を稼いだり、目的のサイトヘユーザーをむリやり誘導させることかできてしまうという方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です