インデックスサーバー

今回はインデックスを作成する「インデックスサーバー」についてお話します。

インデックスサーバーは、リポジトリに保管されたウェブサイトの情報(全ての単語、単語が書かれている場所、titleタグやalt属性など)を抜き出し、「大事な単語」とURLをひも付けて登録を行っています。これを「インデックスの作成」と言います。大事な単語とは、全ての単語の中で、出現頻度や書かれている場所などを元にしてGoogleが最も大事なキワードとして認識している単語のことを意味します。インデックスの作成は大切なので、もう少し説明します。いつも読みなれた辞書をインデックスサーバーとしてイメージして下さい。あなたが狙っている目標キーワードが「バイク」とすると、バイクが「大事な単語」となります。それでは、辞書でバイクを捜してみましょう。「ば、ば、ば」と、バイクが載っているページを探しますよね。そこにあなたのウェブサイトへリンクする「バイク」が見つかればよいのですが・・・残念ながらありません。もしかしたらと思って「バイク屋さん」のページを調べてみると、あなたのウェブページにリンクする「バイク屋さん」を見つけることができました。イメージできましたでしょうか。

バイクという大事な単語と、あなたのウェブページのURLが関連付けして登録されていれば、SEOは問題ありません。しかし、あなたが目標キーワードとして認識して欲しい単語と、Googleが認識した重要な単語が異なるケースがあることがあります。これでは、いつまで経っても目標キーワードでは検索されません。このインデックスサーバーに目標キーワードを正しく認識させることが、SEOでは欠かせない作業となります。