モバイルファースト

Google をはじめとする検索エンジンは、1990年頃に誕生したとも言われているそうです。その頃の対策として用いられた SEO と、現在の SEO には大きな手法の異なりがみれ、時代とともに検索エンジンのアルゴリズムは進化を遂げているようです。現在 SEO の対策として必要とされているは、何よりもネットユーザーに当てた焦点への取り組みが重要であるなどとも考えられております。さらにはこれまでのネットユーザーたちが、パソコンなどのデジタル機器利用していたのに対し、現代におきましてはスマートフォンやタブレットの利用者数が台頭する時代のなかで、Web サイトに求められるレイアウトやコンテンツ作りなどが、スマートフォンやタブレットユーザーを主体とする利便性により価値が求められるようになりました。最近ではスマートフォンやタブレットの利便性により価値を見出す考え方をモバイルファーストなどと呼んでいるそうです。皆さんは、日常生活のなかでネット情報を収集するにあたりどのようなデジタルデバイスを利用されておりますでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です