モバイルファースト

Google をはじめとする検索エンジンは、1990年頃に誕生したとも言われているそうです。その頃の対策として用いられた SEO と、現在の SEO には大きな手法の異なりがみれ、時代とともに検索エンジンのアルゴリズムは進化を遂げているようです。現在 SEO の対策として必要とされているは、何よりもネットユーザーに当てた焦点への取り組みが重要であるなどとも考えられております。さらにはこれまでのネットユーザーたちが、パソコンなどのデジタル機器利用していたのに対し、現代におきましてはスマートフォンやタブレットの利用者数が台頭する時代のなかで、Web サイトに求められるレイアウトやコンテンツ作りなどが、スマートフォンやタブレットユーザーを主体とする利便性により価値が求められるようになりました。最近ではスマートフォンやタブレットの利便性により価値を見出す考え方をモバイルファーストなどと呼んでいるそうです。皆さんは、日常生活のなかでネット情報を収集するにあたりどのようなデジタルデバイスを利用されておりますでしょうか。

無料ブログとワードプレス

WEB制作を行う上で、SEO対策に有用な無料サービスとしては、無料ブログとワードプレスを挙げることが出来ます。両者を比較するのは簡単ではありません。ワードプレスは万能と思われていますが、初心者はセキュリティの管理が疎かになりがちで、ブログと大差ないと考えられます。

またHTMLやCSSに関する知識も求められるため、全くHTMLを学んだ経験のない担当者にとっては、扱い辛いツールでもあります。拡張性にそれほどこだわらないのであれば、敢えてブログを利用するのも選択肢でしょう。無料ブログは基本的に専門スキル、専門知識を必要としません。

ワードプレスはSEO対策の定番とも言えるツールですが、論理力に欠ける人が使用しても、豚に真珠となってしまいます。
さて、SEOの今後が気になるところですが、既に多くの予測が立てられています。2018年中に起こった変更と言えばモバイルファーストインデックスの登場ですが、この出来事はSEO業界に大きな影響を与えました。

今後はモバイル向けのSEOがより一層熱を帯びてくるはずです。簡単に言えば、全てのサイトがモバイル向けのサイトとして評価される時代が来ているのです。それでは具体的に今後注目される施策を予測してみましょう。
筆頭に挙げられるのは、サイテーションでしょう。サイテーションとは、外部で自社のサイトに言及してもらうことです。

例えば、SNS上で言及してくれれば、非常に効果的と言えます。サイテーションの構築を目指す担当者は、まずブランディングから実践しましょう。

広告に心血を注いでからでも遅くはありません。

SEOの観点からキーワードを再確認

ホームページを見直していくためにキーワード設定が重要であります。訪問して欲しいユーザーのアクセスを呼び込むには、選んだキー ワー ドを使ってSEO を施策することが非常に重要です。 キーワードの修正内容についてはそれぞれのセクションで詳しく解説していきますが、 SEO の観点からキーワード を確認する場合、 HTML の内部や、 記事本文のテキ スト内、さらに外部のサイトから送られてくるリンクタグの 中(アンカ ーテ キスト)にキーワードが必要です。 SEO の初心者の場合はそ れぞれを正確に確認することはできないと思いますが、ホームページの HT ML 内ソースの中に、日本語でキーワー ドが埋め込まれているかどうか程 度は確認してみてください。 HTM L ソースの上部には </t itl 巴〉などと記 載されている 「タグ」と呼ばれる記述があり、こうしたタグ内にキーワード が入っていることが非常に重要なのです。

サイトエクスプローラーで調べる

SEO対策ではほかのサイトからのリンクが多ければ多いほど、検索エンジンからの評価は高まります。さらに自分のサイトで扱っているテーマと関連性が高 いサイトであればより効果的です。自分のサイトがいったいどんなサイ トからリンクされているのかを確認しましょう 。 インリンクを調べる方法はいくつかありますが、 Yahoo JAPANのサイエクス プローラーを使うのがもっとも正確です。サイトエクスプローラーではYahoo JAPAN のインデックス状況しかわかりませんが、ほとんどのサイトはGoogleでも同様にインデックスされているので問題ありません。  l つ1 つリンクされているサイトを見ていきましょう。 見るべきポイン卜は 、紹介のされ方(ほめているのかそうでないのか)、 リンクされているページやページ内の置き場所(文章の中か リンク集の 1 っか)、リンクされている言葉や前後の文章 (検索キーワードはあるか?)などです。こうすることによ って 、効果的なリンクが獲得できているか、どんな記事が他人の関心や口コミを呼ぶのか、などがわかって くると、いろいろな発見があるはすです。

インデックスサーバー

今回はインデックスを作成する「インデックスサーバー」についてお話します。

インデックスサーバーは、リポジトリに保管されたウェブサイトの情報(全ての単語、単語が書かれている場所、titleタグやalt属性など)を抜き出し、「大事な単語」とURLをひも付けて登録を行っています。これを「インデックスの作成」と言います。大事な単語とは、全ての単語の中で、出現頻度や書かれている場所などを元にしてGoogleが最も大事なキワードとして認識している単語のことを意味します。インデックスの作成は大切なので、もう少し説明します。いつも読みなれた辞書をインデックスサーバーとしてイメージして下さい。あなたが狙っている目標キーワードが「バイク」とすると、バイクが「大事な単語」となります。それでは、辞書でバイクを捜してみましょう。「ば、ば、ば」と、バイクが載っているページを探しますよね。そこにあなたのウェブサイトへリンクする「バイク」が見つかればよいのですが・・・残念ながらありません。もしかしたらと思って「バイク屋さん」のページを調べてみると、あなたのウェブページにリンクする「バイク屋さん」を見つけることができました。イメージできましたでしょうか。

バイクという大事な単語と、あなたのウェブページのURLが関連付けして登録されていれば、SEOは問題ありません。しかし、あなたが目標キーワードとして認識して欲しい単語と、Googleが認識した重要な単語が異なるケースがあることがあります。これでは、いつまで経っても目標キーワードでは検索されません。このインデックスサーバーに目標キーワードを正しく認識させることが、SEOでは欠かせない作業となります。

タグと要素

HTMLの基本的な構成は、〈a href=”http://自己紹介”〉サイト名〈/a〉というような表記になるでしょう。この文書では、まず見出しとして「自己紹介」と表示されることになるでしょう。その後に続く部分が本文として表示されることになりますが、この本文には、サイトを構成する核となるコンテンツが含まれることになるでしょう。また、場合によってはサイトの紹介文といった文章が続くこともあるでしょう。一つの文書というのは、こういった様にいろいろな性質を持った内容が、機械の部品の様に組み合わされて完成されているのではないでしょうか。HTMLでのホームページ作成はこのそれぞれの部品を各要素として分類し、当てはまる部分が何の要素であるのかを「タグ」を利用して入力していくようです。タグと要素の特色や、文法上の決まり事などは文書型定義というもので細かく決められているようで、タグづけされた文書を解読して適切に表示するという仕事は、ブラウザの役割と言えるでしょう。タグにはまず「開始タグ」と「終了タグ」という2種類があり、この2つのタグで「要素内容」にあたる文章を挟んで記述していくのが基本でしょう。しかし、イレギュラーとして終了タグが省略可能な要素や、内容がないため終了タグを持たない要素というものもあるようです。もちろん、より正しい文書として作成するには、きちんと終了タグも省略せずに記述するべきと言えるでしょう。また、XJTMLでは終了タグを省略することはできないとされています。良いサイトというのはHTMLの記述も美しく生理されていることが多く、記述スタイルやバランスなどは学んでおいて損はない部分と言えるでしょう。

ワールドワイドに活用

ある有名な家具メーカーでは、IVRと呼ばれる自動の音声応答システムを使い、お客様から配送指定の日時予約などを受け付けていると言います。お客様がIVRで希望の配送日時を指定すると、地域や国ごとに配送を依頼する業者が決められており、それぞれの業者に向けて配送依頼がなされる仕組みになっているようです。日時指定の予約が受理されたあとは、決定された配送依頼の確認が行われ、その予定をお客様に伝えるというシステムになっているようです。今までは、こういった予約作業は自動的にではなく、手作業で行っていたそうです。こういったお客様の希望を伺い、自社とは別の業者に依頼をしなければならないような業務の場合、その全てが希望通りになるということはなく、状況に応じた対応をしなくてはならないケースも出てくるのではないでしょうか。こういったケースでは調整に手間がかかってしまい、タイムロスに繋がってしまっていたとの考え方から、配送の日時指定予約対応をRPA導入によって自動化するという選択に至ったようです。IVRは、お客さんが入力した配送の希望日時をもとに予定表のようなものを作成し、それがロボットに渡るような流れになるようです。情報を受け取ったロボットは、その情報を読み取り、郵便番号などから地域を選択して業者を決定することになるでしょう。決まった業者のシステムにアクセスし、日時を指定した上で配送予約の申し込みを行い、予約が承諾されると、最終的に決定した予定日時をお客様に知らせる連絡が送信されるという一連の流れが効率よく自動的に行われるようになったそうです。ここでも指定した配送日時が選択できないというイレギュラーはもちろんあるでしょう。こういった場合にはお客様への確認をしなければならなくなり、それに伴う業務までも自動で行ってくれるといった自動型ロボットもあるようですが、企業やメーカーによっては、そこの部分作業を人が担当する場合もあり、そういった場合は、調整がスムーズに行われるよう、ロボットが効率よく手助けしてくれるシステムを構築しているところもあるようです。この場合には、IVRで作られている配送予定情報といったものを手助けしてくれるロボットが情報収拾し、お客さんの必要になる情報を素早く表示するなどといったサポートが期待できるようです。大規模企業であればあるほど、顧客データを探すだけでも大変な作業と言え、ちょっとした手助けが大きな時間短縮に繋がるのではないでしょうか。

ホームページの作成方法

自分でホームページを作成することになった場合、どのような方法があるのでしょうか。大きく分けて4種類の方法があるので、自分に合ったやり方で進めていくことが大切です。1つ目は、HTMLやCSSを使って1から作成していく方法です。専門的な知識が必要になるため、全く知識のない初心者の場合はある程度の勉強から始めなくてはなりません。一方で自由度は高く、自分の技術でいくらでもカスタマイズをすることができます。もちろん知識は必要になりますが、逆に言えば「HTMLの勉強をしたい」と思っている人は、ホームページ作りをしながら学んでいくという方法も効果的です。次にCMSという方法で、これはContents Management Systemの頭文字を取ったシステムです。WordPressなどを使った制作方法で、1から作るよりは簡単にホームページを管理することができます。とは言えHTMLなどの知識が多少必要になるため、基本的な部分だけでも勉強していれば管理が楽になるでしょう。管理をしていく上でWordPressなどの操作に慣れていく必要もあります。次に無料のホームページ作成サイトを使う方法です。HTMLの知識がなくても、誰でも簡単に作成をすることができます。基本的には無料で使えるものも多いですが、独自ドメインなどを取得したいと考えたときには有料になります。最後は、ホームページの作成ソフトを使った方法です。有名なものにはホームページビルダー21などがあります。当然ながらソフトを購入しなければ利用することができませんが、無料作成できるサイトに比べてカスタマイズの自由さや、テンプレートの数などが優れています。きちんとしたホームページを作りたいと思ったときには、ソフトの購入を考えてみても良いかもしれません。

Webサイトアンケートの効力

ウェブサイト内でアンケートを行うような項目を見かけることがありますが、 Web サイト上のユーザーから、実際に、サイトを利用した感想や、また、商品を購入した後の意見を承ることは、大変に重要な情報源となってくるでしょう。ウェブサイトに関しては、ユーザーが利用する際のアクセス解析などから、様々なユーザーの行動パターンなどを拾い上げることはできるようですが、実際に、お客様の声としてアンケート調査などから個々人が抱えている問題や不満などを拾い上げることで、さらなるウェブサイトの改築につながってくるでしょう。また、ターゲットとなるユーザーの年齢や性別趣味職業などといったような属性を、お伺いできることも何よりも様々なヒントを与えてくれる情報源となってくるでしょう。また、自由記入という形でコメント欄を設けると、こちらの運営側としては全く想定していなかったような声が上がってくることもあるようです。実際に、そのようなお客様のお声を伺うことによって、 SEO などの対策に行かせたというような運営側の意見もあるようなのです。しかし、このようなアンケート調査を実際には、圧力と感じていたり、ストレスと感じてしまうお客様もいらっしゃるようですので、実際には多くの人々に問いかけることは、なかなか難しいかもしれませんが、ウェブサイトの中に、このようなアンケートやお客様からの声などの項目を設けておくことによって、質の良いコンテンツへの改善材料が見つかるのではないでしょうか。何よりもこのような形で、お客様から実際にサイトへの意見を頂けるというのは、大変貴重な機会であるでしょう

ユーザー至上主義SEO

皆さんが職場などで、 Web サイト運営に関わりを持っていらっしゃるとなると、 SEO などに関する専門知識を必要とされていらっしゃるのではないでしょうか。昨今の急激なインターネットの普及によって、多くのユーザー達は、検索エンジンを介して、様々な情報や自分自身のニーズを得ているようです。そのようなユーザー達の行動パターンが、 SEO の評価につながっているようなのですが、最近ではSEO対策は、難しくなった、もしくは簡単になったなどといったような、専門家たちの様々な評価もあるようなのです。様々な論点を見聞きしていても、最終的にはユーザーに寄り添ったSEO が、何よりも正しく正解であるのではないかといったような情報が主であるようです。 現実的には、ユーザー等の多様なる声に、伴ったウェブサイトを運営していくためには、様々な専門的なテクニックやノウハウが、必要となってくることは、確かなことです。Webサイトを運営する現場の担当者として、皆さんが今後着目していかなければならないことは、 何よりも、人々に求められるウェブサイト運営となってくるでしょう。もちろん事業主からの発信という形でのサイト運営になるのですが、全てはユーザーたちに受け入れられるスタイルでその存在価値は評価されてくるのです、