ワールドワイドに活用

ある有名な家具メーカーでは、IVRと呼ばれる自動の音声応答システムを使い、お客様から配送指定の日時予約などを受け付けていると言います。お客様がIVRで希望の配送日時を指定すると、地域や国ごとに配送を依頼する業者が決められており、それぞれの業者に向けて配送依頼がなされる仕組みになっているようです。日時指定の予約が受理されたあとは、決定された配送依頼の確認が行われ、その予定をお客様に伝えるというシステムになっているようです。今までは、こういった予約作業は自動的にではなく、手作業で行っていたそうです。こういったお客様の希望を伺い、自社とは別の業者に依頼をしなければならないような業務の場合、その全てが希望通りになるということはなく、状況に応じた対応をしなくてはならないケースも出てくるのではないでしょうか。こういったケースでは調整に手間がかかってしまい、タイムロスに繋がってしまっていたとの考え方から、配送の日時指定予約対応をRPA導入によって自動化するという選択に至ったようです。IVRは、お客さんが入力した配送の希望日時をもとに予定表のようなものを作成し、それがロボットに渡るような流れになるようです。情報を受け取ったロボットは、その情報を読み取り、郵便番号などから地域を選択して業者を決定することになるでしょう。決まった業者のシステムにアクセスし、日時を指定した上で配送予約の申し込みを行い、予約が承諾されると、最終的に決定した予定日時をお客様に知らせる連絡が送信されるという一連の流れが効率よく自動的に行われるようになったそうです。ここでも指定した配送日時が選択できないというイレギュラーはもちろんあるでしょう。こういった場合にはお客様への確認をしなければならなくなり、それに伴う業務までも自動で行ってくれるといった自動型ロボットもあるようですが、企業やメーカーによっては、そこの部分作業を人が担当する場合もあり、そういった場合は、調整がスムーズに行われるよう、ロボットが効率よく手助けしてくれるシステムを構築しているところもあるようです。この場合には、IVRで作られている配送予定情報といったものを手助けしてくれるロボットが情報収拾し、お客さんの必要になる情報を素早く表示するなどといったサポートが期待できるようです。大規模企業であればあるほど、顧客データを探すだけでも大変な作業と言え、ちょっとした手助けが大きな時間短縮に繋がるのではないでしょうか。

ホームページの作成方法

自分でホームページを作成することになった場合、どのような方法があるのでしょうか。大きく分けて4種類の方法があるので、自分に合ったやり方で進めていくことが大切です。1つ目は、HTMLやCSSを使って1から作成していく方法です。専門的な知識が必要になるため、全く知識のない初心者の場合はある程度の勉強から始めなくてはなりません。一方で自由度は高く、自分の技術でいくらでもカスタマイズをすることができます。もちろん知識は必要になりますが、逆に言えば「HTMLの勉強をしたい」と思っている人は、ホームページ作りをしながら学んでいくという方法も効果的です。次にCMSという方法で、これはContents Management Systemの頭文字を取ったシステムです。WordPressなどを使った制作方法で、1から作るよりは簡単にホームページを管理することができます。とは言えHTMLなどの知識が多少必要になるため、基本的な部分だけでも勉強していれば管理が楽になるでしょう。管理をしていく上でWordPressなどの操作に慣れていく必要もあります。次に無料のホームページ作成サイトを使う方法です。HTMLの知識がなくても、誰でも簡単に作成をすることができます。基本的には無料で使えるものも多いですが、独自ドメインなどを取得したいと考えたときには有料になります。最後は、ホームページの作成ソフトを使った方法です。有名なものにはホームページビルダー21などがあります。当然ながらソフトを購入しなければ利用することができませんが、無料作成できるサイトに比べてカスタマイズの自由さや、テンプレートの数などが優れています。きちんとしたホームページを作りたいと思ったときには、ソフトの購入を考えてみても良いかもしれません。

Webサイトアンケートの効力

ウェブサイト内でアンケートを行うような項目を見かけることがありますが、 Web サイト上のユーザーから、実際に、サイトを利用した感想や、また、商品を購入した後の意見を承ることは、大変に重要な情報源となってくるでしょう。ウェブサイトに関しては、ユーザーが利用する際のアクセス解析などから、様々なユーザーの行動パターンなどを拾い上げることはできるようですが、実際に、お客様の声としてアンケート調査などから個々人が抱えている問題や不満などを拾い上げることで、さらなるウェブサイトの改築につながってくるでしょう。また、ターゲットとなるユーザーの年齢や性別趣味職業などといったような属性を、お伺いできることも何よりも様々なヒントを与えてくれる情報源となってくるでしょう。また、自由記入という形でコメント欄を設けると、こちらの運営側としては全く想定していなかったような声が上がってくることもあるようです。実際に、そのようなお客様のお声を伺うことによって、 SEO などの対策に行かせたというような運営側の意見もあるようなのです。しかし、このようなアンケート調査を実際には、圧力と感じていたり、ストレスと感じてしまうお客様もいらっしゃるようですので、実際には多くの人々に問いかけることは、なかなか難しいかもしれませんが、ウェブサイトの中に、このようなアンケートやお客様からの声などの項目を設けておくことによって、質の良いコンテンツへの改善材料が見つかるのではないでしょうか。何よりもこのような形で、お客様から実際にサイトへの意見を頂けるというのは、大変貴重な機会であるでしょう

ユーザー至上主義SEO

皆さんが職場などで、 Web サイト運営に関わりを持っていらっしゃるとなると、 SEO などに関する専門知識を必要とされていらっしゃるのではないでしょうか。昨今の急激なインターネットの普及によって、多くのユーザー達は、検索エンジンを介して、様々な情報や自分自身のニーズを得ているようです。そのようなユーザー達の行動パターンが、 SEO の評価につながっているようなのですが、最近ではSEO対策は、難しくなった、もしくは簡単になったなどといったような、専門家たちの様々な評価もあるようなのです。様々な論点を見聞きしていても、最終的にはユーザーに寄り添ったSEO が、何よりも正しく正解であるのではないかといったような情報が主であるようです。 現実的には、ユーザー等の多様なる声に、伴ったウェブサイトを運営していくためには、様々な専門的なテクニックやノウハウが、必要となってくることは、確かなことです。Webサイトを運営する現場の担当者として、皆さんが今後着目していかなければならないことは、 何よりも、人々に求められるウェブサイト運営となってくるでしょう。もちろん事業主からの発信という形でのサイト運営になるのですが、全てはユーザーたちに受け入れられるスタイルでその存在価値は評価されてくるのです、

SEOの必要性

 「SEO」とはGoogleやYahoo!などの検索エンジンが提供する検索結果で自サイトを上位に表示させることで、検索エンジンの最適化を意味する「Search Engine Optimization」の略です。

検索結果で自サイトを上位に表示させることでそのサイトの商品やサービスを利用する顧客の流入を促し、売上・利益を増やすことに繋がります。つまり、SEOはビジネスゴールである売上・利益に直結する、重要な施策と位置付けられます。

では、ビジネスでのSEOの立ち位置はどこになるのでしょうか?

まず、顧客を増やす手段は「オンライン」と「オフライン」に大きく分けられます。「オンライン」はインターネットを介した集客手段で、それ以外を「オフライン」といいます。

自社の所有するWebサイトである「Owned Media」(企業サイトやサービス紹介サイトなど)

表示面を購入して、広告を出稿する他者メディアである「Paid Media」(リスティング広告、アフィリエイト広告、DHP広告など)

SNSなど消費者の信頼や評判を得るメディアである「Earned Media」(Facebook、Twitter、Instagramなど)

の3つのメディアに分けられます。

ビジネスで成功するにはこのSEOが肝となっています。さらに、ほとんどのユーザーがスマホを使っているのでモバイルファーストといわれるスマホでの上位表示が成功の秘訣です。

SEOとリスティングの違い

検索結果を表示する画面に出されることから、 SEOと比較検討をする企業も多いとされるのが「リスティング広告」ではないでしょうか。SEOとリスティング広告では本質的に大きく異なると言えます。それぞれのメリットやデメリットを理解した上で使い分け、自身の会社に合わせた施策を行うことが大切といえるでしょう。では、SEOとリスティング広告の違いとはどのようなものでしょう。まず、表示箇所というものが違うでしょう。検索エンジンの評価により順位が決まるSEOと違い、リステイング広告というのは、検索エンジンが提供する「広告」と言えるため、お金さえ払えば上位 に表示することができると言えるでしょう。リスティング広告というのは、利用者が検索にかけるキーワードに連動して出る広告となっているため、キーワードの人気が高い場合、広告が多く出ることになりますが、人気の少ないキーワードの場合、最悪広告が出ないといったこともあるようです。

リスティング広告

インターネットなどを学んでいるとよく耳にする「リスティング広告」という言葉があるでしょう。これは、大手の検索エンジンが提供している、検索キーワードに連動して表示されるネット広告のことと言えるでしょう。各企業によって提供している形態は多くあるようです。課金形態というのもその一つと言えるでしょう。リスティング広告の諜金形態というのは、「キーワード」に対する入札方式で行われているようです。つまり、 出稿したいキーワードの競合が多くなるほど、クリック単価というものが高くなるでしょうし、他の企業がどこも入札していないようなキーワードなどであれば、クリック単価はどんどん安くなると言えるでしょう。このように、広告の表示だけではなく、クリックやキーワードなどによって料金が発生するということから、 PPC広告などとも呼ばれているようです。 SEOとはまったく別の対策であるといえるでしょう。

webページの品質について

webページの読み込みが遅くて、いつまでも表示されず、すぐに読めないwebページでは、読もうとしている 人の満足度は下がってしまいます。そのためwebページがいかに素早く表示されるかという表示スピードもwebページの品質を判断する項目のひとつです。
また、webサイトが安全に利用できるかどうかも大事なポ イントです。あなたのWebサイトを訪問したら、ウィルスに感染した、別のwebサイトに勝手に飛ばされたと いうことがあってはいけません。安心して訪問できるwebサイトになるセキュリティの向上も心がけましょう。


このように、 webページの情報量や充実度だけでなく、読わかりやすい(理解しやすい)といった読み手の体験についても配慮をする必要があります。

DNSスパム

DNSスパムとは、メールなどで問題にな っているDNS逆引きチェックによるスパム対策(フィルタ)のことではありません。検索サイトでは、ドメインのアルファベットも検索結果の表示順位に反映していました。そのアルコリズ
ムを悪用し、意図的にキーワードを含んだサブドメインを大量に設定するというのがDNSスパムと呼ばれるものです。
量産したサフドメインを検索サイトに登録してもらうことで、メインのドメインに対しての大量のリンクが可能になるので、それによって検索サイトに対するメインサイトの価値を上げられると思われていましたが、現在では基本的に通用しない手法といえるでしょう。
DNSのワイルドカードという機能を使って簡単にサブドメインを量産することができるので、ある意味お手軽なSEO対策だったのですかが、この量産行為がスパム扱いとされるようになったため、サブドメインそのものが、SEO 対策として効果が薄くなっていくことになりました。

ドアウェイページ

スパム行為と呼ばれる反則技には、様々な種類や手口のものがみられます。せっかくseo対策として施したものが、スパム行為としてみなされないためにも、どのようなものがスパム行為とされているか、見ていきましょう。
検索サイトからアクセスしてきたユーザーは、着地点となる最初の1ぺージ目の内容を見て、そのwebサイトを閲覧するかどうかを決めることはご存知でしょう。LPO(ランディングページ最適化)は、このユーザー行動に基づいて行われる正しい集客施策です。ところが、ドアウェイページと呼ばれるスパム行為は、こういったユーザー行動を逆手にとって、あたかも有益なサイトであるかのように検索サイトに上位表示させ、目的のWebサイトに誘引するという悪質な施策を作る方法です。ドアウェイページに求められるのは、検索結果で上位に掲載されることなので、1つのドメインページだけでなく、複数のドメインを使ってアクセスをかき集めることが多いようです
具体的な手法としては、表示されるページにはほとんど内容がないが(キーワードやリンクだけが載っていたり、他人のページからコピー しただけの内容といった場合もある) ソース上はがっちり検索サイト対策が行われているので、検索結果で上位に表示されるというもの。ユーザーがドアウェイページを見てしまうと、ドアウェイペーシを仕掛けた側はアクセス数を稼いだり、目的のサイトヘユーザーをむリやり誘導させることかできてしまうという方法です。