Googleが推奨するレスポンシブ

  • 時代の先行きを見据えている

GoogleはレスポンシブWebデザインを推奨することを発表していますが、そのように運営側へ伝える理由は何で、しょうか。

URLやHTMLが変わらないことのメリットだけではなく、時代の先行きを見据えて、よく考えたうえでの発表なのです。今後さらに便利なインターネット閲覧ツールが登場することになるかもしれません。つまり、特定のデパイスに依存しない(デバイスが何であろうともきちんと見ることができる)Webサイト制作手法の確立が、いま求められているのです。

  • マルチスクリーン対応にしたいのが内実

いまやネット閲覧ツールが過多な時代でもあります。スマートフォンやPCのみならず、タブレットなどいろいろなデバイスからアクセスする「マルチスクリーン」の時代に対応しようという理由も背景にあります。インターネットの閲覧端末はいずれスマホ独り勝ちの時代へと突入し、「スマートフォンのみで閲覧できればよい」と考える時代が来る可能性がまったくないとはいえませんが、前述のように、現状ではPCユーザーをないがしろのするわけにはいきません。だからこそ、閲覧者に情報を公平に提供できるレスポンシブWebデザイン求められているのです。

もちろん、PCだけではありません。タブ、レットや、今後出てくるであろう新規ネット閲覧ツールなど、デバイスがどんなものであろうとも、情報においては一切違いがないことが理想なのです。